修士論文発表会

メーリングリストなどにも流れますが、こちらにも掲載しておきます。
上枝研からは和田君が午後遅くに登場します。来聴歓迎。

修論発表会のお知らせ

 哲学専攻の修論発表会を2月4日(木)に106教室で開きます。発表は20分以内で質疑応答を合わせて30分です。パワーポイントなど機器を使う予定の方は発表前の休み時間に準備してください。レジメは20部程度必要となります。

10:30-11:00 西村圭樹
11:00-11:30 川居慧士
11:30-12:00 伊藤均
 昼食
13:00-13:30 石井雅巳
13:30-14:00 豊田泰淳
14:00-14:30 土屋一幾
14:30-15:00 鈴木優花
 休憩
15:15-15:45 山下智弘
15:45-16:15 和田史比呂
16:15-16:45 福井誠人

言語文化研究所研究会のお知らせ

直近になりましたが、研究会のお知らせです。
来聴歓迎。終了後は懇親会があります。

日時:12月19日(土)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス内 旧図書館小会議室
(場所が変更になりました。煉瓦造りの図書館の二階です)

1.14:00~15:30
土橋茂樹(中央大学)
「バシレイオス『書簡38』におけるウーシア―/ヒュポスタシス理解」

2.16:00~17:30
上枝美典(慶應義塾大学)
「トマス・アクィナスにおける「光の形而上学」の可能性」

235

研究室が206から235に移動しましたのでご注意ください。
それに伴い、内線番号も23084に変更になりました。

ダイヤルインの直通電話は、これまでと同様です。

 

2015 schedule

まだ確定ではないですが、来年度、三田での授業スケジュールは、以下のようになりそうです。
諸般の都合で、時間帯が移動するものがありますから注意してください。

火曜2限 形而上学(トマス『神学大全』連続講義)

火曜3限 研究会(学部ゼミ)

木曜3限 哲学倫理学特殊(トマス『真理論』購読)

木曜5限 大学院ゼミ(アウグスティヌス『三位一体論』購読)

修士論文発表会

直前になりましたが、修士論文発表会のスケジュールです。
今年は14名と発表者が多く、ハードスケジュールですが、ふるって参加してください。

2月4日 (水) 9時30分 ~ 17時45分
三田キャンパス 313教室 参加自由

午前の部
9:30-10:00 加藤皓士
10:00-10:30 野邊晴陽
10:30-11:00 佐野大貴
11:00-11:30 天本貴之
11:30-12:00 内山真莉子
12:00-12:30 杉野雄飛

午後の部
13:30-14:00 杉山雄規
14:00-14:30 小野和
14:30-15:00 高谷遼平
15:00-15:30 西牟田祐樹
15:30-15:45 (休憩)
15:45-16:15 小谷弥生
16:15-16:45 橋本康平
16:45-17:15 細谷正彦
17:15-17:45 横路佳幸

京大中世哲学研究会

12月20日の第239回京大中世哲学研究会に、上枝研の和田選手が参戦しますので応援しましょう。
詳細は以下のホームページからどうぞ。

京大中世哲学研究会

また、『中世哲学研究Veritas』の全文公開作業が終了し、同ホームページで公開されています。関係者のご尽力に感謝しつつ、どんどん利用しましょう。

バックナンバー

MIPS 2014

今年度のMIPSのプログラムができましたので、こちらにも掲載しておきます。

MIPS 2014
三田哲学会 哲学・倫理学部門 例会

日時 2014年10月25日(土)11:00~18:00
場所 三田キャンパス 西校舎512番教室

プログラム

研究報告

11:00~11:45
ニュッサのグレゴリオスにおける神と人
武富香織 君(文学研究科博士課程)

11:45~12:30
ドゥルーズ哲学の原風景
―サルトルという自由―
戸澤幸作 君(文学研究科博士課程)

13:30~14:15
ハイデガーは実在論者か観念論者か
金成祐人 君(文学部助教・非常勤講師)

14:15~15:00
私の二様の在り方
福田敦史 君(文学部非常勤講師)

15:00~15:45
汎心論と物理主義
浅野光紀 君(文学部非常勤講師)

講演

16:00~17:00
カント法哲学における立法と自由
石田京子 君(文学部助教)
司会 ヴォルフガング・エアトル 君(文学部教授)

17:00~18:00
言語を、そして世界をとりもどすこと、あるいは治療すること
―ウィトゲンシュタイン哲学の目的と方法―
荒畑靖宏 君(文学部准教授)
司会 斎藤慶典 君(文学部教授)

 

トマス・アクィナスと〈存在〉の哲学

7月19日午後1時から、三田キャンパス北館ホールで、稲垣良典教授をお招きし、『トマス・アクィナス「存在」の形而上学』(春秋社、2013年)を対象とした講演会とコロキウムが開かれます。入場無料ですので、時間のある方はぜひどうぞ。


 

慶應義塾大学言語文化研究所公募研究公開シンポジウム

トマス・アクィナスと〈存在〉の哲学

--稲垣良典『トマス・アクィナス「存在」の形而上学』をめぐる討論--

日時:2014年7月19日(土)13:00-17:00
場所:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール(入場料無料)

第1部:講演(13:00-14:00)

【講演】稲垣良典(九州大学名誉教授)
題目「トマス存在論の問題と挑戦」

第2部:コロキウム(14:10-17:00)

・「稲垣良典『トマス・アクィナス「存在(エッセ)」の形而上学』(春秋社、2013年)
をめぐって」

1.《前半:14:10-15:00》

【コメンテーター】
・加藤和哉(聖心女子大学教授)
・上枝美典(慶應義塾大学文学部教授)
・川添信介(京都大学大学院文学研究科教授)

2.《後半:15:10-17:00》

【コメンテーター】
・片山寛(西南学院大学神学部教授)
・山内志朗(慶應義塾大学文学部教授)
・稲垣良典先生のコメント
・質疑応答

ポスター