mew cheat sheet

Table of Contents

1 このファイルについて

Mewはemacsで動くすばらしいメーラーで、当然のことながらemacsの他のツールとの相性がよく、emacsで仕事をする人にとってはとても使いやすいのですが、公式マニュアルがプログラマの視点で書かれていて一般ユーザーが情報を探すのに手間取ることがあります。それで使わなくなるのはもったいないので、このページに最低限の情報をまとめておきます。主に自分が使うために作ったものです。actionやdescriptionの中に( )に入った数字がある場合は公式マニュアルの章番号を示しています。

2 Mewのmode

同じキー操作でもmodeが違うと違う振舞いをします。

name description
summary メールを一覧表示するモード。設定によって下段に内容を表示する
message メールの本文が表示されているところ
draft メールを作成している状態
virtual 検索結果表示などで、仮想的なフォルダが表示されている状態
header メールのヘッダを編集するモード
edit 既存メールを編集して新しいメールを作成するモード
addrbook アドレス帳に情報を登録するモード

3 最低限の操作

key action mode
M-x mew Mewを起動する  
i 新着メールを受信する summary
<SPACE> メールの本文を読み進める summary
<delete> メールの本文を戻って読む summary
a メールに返信する summary
A メールに返信する(本文を引用する) summary
w 新規メールを作成する summary
C-c C-c メールを送信する draft
q Mewを終了する summary

4 日常的な操作

4.1 メールを読む、返信する、転送する

key action mode
<SPACE> 読み進める(roll down) summary
<delete> 戻る (roll up)  
w メールの新規作成  
a 読んでいるメールに返信する  
A 読んでいるメールの本文を引用して返信する  
f 転送する  
F *マークの付いたメールを転送する  
E 下書きメールを編集する  
C-c <TAB> Signatureを挿入(3.9) draft
C-c C-y 選択した範囲を引用(引用記号あり) message–>draft
C-c C-t 選択した範囲を引用(引用記号なし)  
C-c C-q 書きかけのdraftを消去  
C-c C-c メッセージの送信  
C-c C-m メッセージを作成して+queue or +postqに入れて送信待ちにする  
W メッセージを再利用して送信  

4.2 添付ファイルの操作

key action mode
C-c C-a Multi Part(添付ファイル)の作成 draft
c (Multi Partの . 上で)ファイルを添付  
d (Multi Partの一番上で)添付ファイルを削除  

4.3 表示

     
key action mode
v Summary mode <–> Summary & Message mode summary
. メッセージを再表示(htmlなどで読めないメッセージのとき)  
i メッセージを取得(+queueにメッージがあれば送信)  
I Tマークの付いたメッセージの全体を取得  

4.4 読んでいるメールをファイルに保存

key action mode
y Save Message (or a part) to a file summary
b Save Message to a file  

4.5 メールの削除

key action mode
d メッセージを削除するためのマークを付ける summary
u マークを消す  
U すべてのマークを消す  
x 削除の実行  

4.6 フォルダの操作

key action mode
g フォルダの移動 summary, virtual
o メッセージをフォルダに移動させるためのマークを付ける  
x 移動の実行  

4.7 アドレス帳

key action mode
<TAB> アドレスなどの補完 draft
C-c C-a Addrbookへの登録 summary
C-u C-c C-a Addrbookへの登録(個人情報) summary

4.8 検索

本格的な検索をするならGmailと併用することを勧めます。

key action mode
<slash> 検索して結果を仮想フォルダに表示する (6.4) summary
C-c C-q 仮想フォルダ(バッファ)を消去する (7) virtual
? 検索して*マークを付ける summary
N, P *マークが付いたメールを順に読む(Nで下、Pで上) (4.4) summary
U* すべての*マークを消す(4.6)  
M* 直前にU*で消した*マークを復活させる  

4.9 終了

key action mode
q Mewを終了(bufferは残っている) summary, virtual
Q Mewを終了(bufferを消去)  

5 Summary modeの書式変更

デフォルトでは日付に年がないので長期のメール管理に不十分です。しかし、以下の変数をカスタマイズすることで対応できます。

variable description
mew-summary-form Summary modeの書式変更(yearを付加したいときなど)
   

e.g. (setq mew-summary-form '(type (5 year)" "(5 date)" " (-4 time)" "(30 from)" " t (0 subj)))

この後、Summaryを再構築する。そのときrageを指定する。allは時間がかかるのでlast:100くらいが適当。

key action range meaning
s Summaryの再構築    
    all all mails in the folder
    update new mails
    first:10 first 10 mails
    last:10 last 10 mails
    100:+10 from 100th to 110th
    100:-10 from 100th to 90th
    100-200 from 100th to 200th

6 Addrbook アドレス帳とアドレスの補完 (3.3–3.7)

意外に使いにくいGoogleの連絡先に比べて実用的。

To:やCc:でTABを押すとアドレスが補完される。

Addrbook(~/Mail/Addrbook)に登録する。メールを読みながら登録もできる(後述)。

6.1 書き方のルールは二種類。

6.1.1 展開ルールを指定する

taro: taro@gmail.com, taro@yahoo.co.jp, taro@hotmail.com

こう書くと、taro[TAB]でtaro@gmail.com, taro@yahoo.co.jp, taro@hotmail.comが入力される。

つまりコロンの前の文字列をコロンの後のアドレスに展開させる。アドレスが複数登録されていると複数に展開するので、グループメールを出すときに便利。たとえば、

taro: taro@gmail.com
jiro: jiro@gmail.com
saburo: saburo@gmail.com
sankyodai: taro, jiro, saburo

と登録しておくと、

san[TAB] –> sankyodai[TAB] –> taro@gmail.com, jiro@gmail.com, saburo@gmail.com

と展開する。

6.1.2 個人情報を登録する

もう一つのルールは個人情報と呼ばれていて、展開ルールとは異なり、四つの要素をスペースで区切る(ただし、カンマのあとのスペースおよびダブルクォートの中のスペースは区切りにならない)。

  1. 短縮名
  2. メールアドレス(カンマで区切って複数登録可)
  3. ニックネーム(引用などに利用できる)
  4. フルネーム
taro taro@gmail.com, taro@yahoo.co.jp, taro@hotmail.com tarosan "Tarou YAMADA"

複数のアドレスはすべて展開するのではなく、[TAB]を押すごとに順に一つずつ出てくる。

taro[TAB] –> taro@gmail.com [TAB]–> taro@yahoo.co.jp [TAB]–> taro@hotmail.com

6.2 メールを読みながら登録する

summaryモードでカーソルがあるメールの差出人をアドレス帳に登録できます。

C-c C-a 展開ルールを登録する
C-u C-c C-a 個人情報を登録する
C-c C-c 登録
C-c C-q 登録とりやめ

Addrbookはテキストファイルなので、もちろん自分でこのファイルを編集して手作業で登録や修正ができます。

7 change log

  • [2020-07-14 Tue 11:27] first published
  • [2020-07-20 Mon 15:23] revised (+Addrbook)
  • [2020-07-22 Wed 21:59] revised (+virtual mode)
  • [2020-08-04 Tue 10:50] revised (+about searching)
  • [2020-08-10 Mon 10:13] revised (+add "mode" column, divide topics)

Author: Yoshinori UEEDA

Created: 2020-11-22 Sun 16:32

Validate